1年頑張った\(^o^)/「もじモジおぼえちゃお!」値下げします(1/12~)

2013年1月11日ひらがな, カタカナ

私がiOSアプリの開発を始めて1年が経過しようとしています。全くもって個人的な理由ですが、これを記念して1/12から「もじモジおぼえちゃお!」を値下げ致します。

以下、長文ですが感傷に浸ってるだけです…

- 気がつけば、うちの子がiPadを使いこなしていた -

今からおよそ1年前、うちの子はまだ字も読めないというのに暇さえあればiPadをいじっていました。音が出たり絵が変わるのが面白かったのでしょう。初めは簡単な知育アプリを触っていただけなのに、気がつけば、自分で好きなアプリを起動したり、Angry Birdsのルールを理解して遊んでいたり、YouTubeの関連動画から自分の見たいものを探したりしているではありませんか!

- 子供は文字に、私はアプリ開発に興味を持ち始めた -

そのうち子供は文字に興味を持ち始め、これを読みたい、あれを書きたいと要求してくるようになりました。「うちの子、iPadが好きだし、文字練習アプリを触らせればめちゃめちゃ上達するかも…」と考え、色々な文字練習アプリを試してみました。

試した結果、うちの子にヒットしたのは「iWriteWords」…そう、アルファベット練習アプリです。他の日本語練習アプリは遊ばないのに、これだけは何度も繰り返し遊ぶのです。なぞる楽しさ、文字ブロックをブラックホールみたいなところに放り込む快感、カラフルで可愛いイラストなどに心を惹かれたのだと思います。そして私は、「iWriteWordsみたいな感じで、ひらがな、カタカナを練習できるアプリを作ってあげたい!」と考えるようになりました。

- そしてリリースへ -

その後は色々な参考書を買い漁ったり、あちこちの勉強会に参加してみたり…正直、本職よりも頑張っていたと思います。色々な人のご支援をいただきながら、なんとか「もじモジおぼえちゃお!」が完成し、無事リリースすることができました。

結局、スキル不足のため、私のアプリには「iWriteWords」のように子供ウケする色々な演出は組み込めていません。ただ、うちの子は「お父さんのアプリ」と言って使ってくれているので一安心…。それに、ヒットアプリには程遠いですが、世界中の方からちょびちょびと購入して頂けるのは嬉しいものです。(皆さん、ありがとうございます。)

その後、新作アプリのリリースはできていませんが、素人でもやる気と根気でアプリを作れるようになるということは実感しました。皆さんの中にもアプリを作ってみたいという方が、いらっしゃると思います。初めてでも何とかなります。是非、チャレンジしてみてください。

【おすすめ参考書を紹介】