スマホがノートPC代わりのモバイル作業環境にならないか試してみた

2013年8月27日

長らくご無沙汰している間に、携帯電話をiPhone5からAndroidのARROWS NX(F-06E) に変えました。5.2インチFullHDの大画面、3020mAhの大容量バッテリー、おサイフケータイ、フルセグ…の豪華仕様についつい衝動MNPしてしまいました。

画面もバッテリーも大きくなったし、スマホでノートPC代わりに外出時の資料作成環境が作れるのでは?との思いで、試してみました。

試したのはF-06E+bluetoothキーボード+bluetoothマウスの組み合わせです。mobilework1

上がキーボード:ELECOM TK-FBP049E、右下がマウス:iBUFFALO BSMLB06N、左下がスマホ本体です。

写真のように荷物は非常にコンパクトにまとまります。重量についても今回用意したものなら普段持ち歩く携帯に加えてわずか300gほどの荷物が増えるだけなので肩こりの心配もありません。

実際に使うときはこんな感じになってます。タッチ対応モバイルノートPCの代わりになるか?
mobilework2

赤いマウスを除けばスタバでコーヒー片手に作業していても違和感は無いかなと思っています。

さて、実際の作業のしやすさですが、F-06Eだと画面が大きく解像度も高いので、十分な視認性と作業エリアを確保できます。特に物理キーボードを使うことで、ソフトウェアキーボードが表示されて画面が狭くなってしまうのも回避できます。スマホで文書作成をするのなら物理キーボードはオススメです。
f-06ess2013082701

ただ、PCの代わりに作業が出来るかというと、スマホアプリの機能がPCアプリに及ばないために、飾った文書を作ったり、プレゼン資料を作ったりすることはできませんでした。図の位置を調整するようなケースが無かったため、マウスはさっぱり活用できず、手やスタイラスで操作したほうがラクでした。この辺はもっとアプリを探してみたり、アプリの高機能化が進んだりすると変わるかもしれません。

というわけで、残念ながら現状は外出先でスマホだけで業務向けの資料を作成するのは難しい状況でした。ですが、ブログ更新や書類の下書きなどで単に文書をタイプするのであれば、スマホ+キーボードで十分に捗ると思います。


未分類

Posted by moto2g