ethosでモナコインを掘る設定

雑記

モナコインをマイニングしていますが、最近Windowsの調子がイマイチだったのでethosを使ってみました。
マイニングプールにSuprnovaASICpoolを使用した場合のlocal.confの設定をメモしておきます。

マイニングプール側の設定

事前にethosの英数6文字のホスト名を調べておきます。ethosのターミナルなどで確認できます。

マイニングプール側のMy Workers設定で、ワーカー名に事前に調べておいたethosのホスト名を、ワーカーのパスワードにx(小文字の「x」一文字)を設定します。

ethos側の設定

設定にはマイニングプールのユーザ名、接続先が必要になります。マイニングプールのページで確認しておきます。

local.confのglobalminer、proxywallet、proxypool1を設定します。例えばsuprnovaの場合は下記になります。ワーカー名やワーカーのパスワードは使いません。

globalminer ccminer
maxgputemp 75
stratumproxy enabled
proxywallet マイニングプールのユーザ名
proxypool1 stratum+tcp://mona.suprnova.cc:2995
flags -a lyra2v2
globalfan 80

ちなみに、Windowsとethosで特にマイニング効率自体に変化はありませんでした。
あまり調整していないからかもしれませんが。