エクセルのショートカットキー一覧 関数、マクロ以外の作業効率アップ!

2019年4月21日エクセル

エクセルを使っていると「同じような作業の繰り返しだけど、効率化できないかなぁ…」と思う場面に出くわします。
そして、エクセルで効率化と言うと、関数、マクロを思い浮かべて「ハードル高そう」と諦めている方もいるでしょう。

でも、関数やマクロを使えなくても、「ショートカットキー」を使うようにするだけでも、劇的に作業スピードは上がります!

「ショートカットキー」というのは、キー操作の組み合わせで特定の機能を呼び出すものです。
マウスを右クリックして、メニューから〇〇を実行…みたいなことを、キーボード操作だけで実行します。
キーボードから手を離さずに済む分、作業が捗ります。

某コンサルティング会社では、エクセルをキーボードだけで使いこなすことが、新人研修のコンテンツの一つになっているのだとか…

ここでは独断と偏見で、知っておくと便利だと思うショートカットキーを紹介します。(Windowsデスクトップアプリ版の内容です)

ショートカットキーの一覧

基本操作

やりたいこと操作方法補足
行全体を選択shift + スペース
列全体を選択ctrl + スペース
すべて選択ctrl + a
セルの削除ctrl + “-“
セルの追加ctrl + “+"
列の非表示ctrl + 0
行の非表示ctrl + 9
コピーctrl + c
切り取りctrl + x
貼り付けctrl + v
形式を指定して貼り付けダイアログの表示alt → e → s左記のキーを順番に押していく
検索ダイアログの表示ctrl + f
置換ダイアログの表示ctrl + h
直前の操作の取り消しctrl + z
やり直し、直前の操作の繰り返しctrl + y
ファイルの保存ctrl + s
印刷ctrl + p
前のシートへ移動、次のシートへ移動ctrl + PgUp、ctrl + PgDown
シートの追加shift + F11
シート名の変更alt → o → h → r左記のキーを順番に押していく

書式関連

やりたいこと操作方法補足
太字ctrl + b
下線ctrl + u
斜体ctrl + i
取り消し線ctrl + 5
セルの書式ダイアログctrl + 1

覚えておくと便利なもの

やりたいこと操作方法補足
今日の日付を入力ctrl + ;
現在の時刻を入力ctrl + :
フィルタの追加/削除alt → d → f → f左記のキーを順番に押していく
フィルタ条件のクリアalt → d → f → s左記のキーを順番に押していく
ウインドウ枠の固定/解除alt → w → f → f左記のキーを順番に押していく

以上、エクセルの代表的なショートカットキーでした。
最初は覚えられなくても、意識的にショートカットキーを使うようにしていると自然と指が覚えてくれると思います。

ショートカットキー自体はエクセルに限らずOSやそれぞれのアプリケーションで持っていますので、気になるものがあれば調べてみてください。

エクセル作業を楽にしよう

日頃、面倒だなと思っている作業も、エクセルのことを少し知るだけで簡単に片付けられるようになったりします。
どんなことができるのかを知っているだけでも違うので、よくエクセルを使うという方は参考書などをざっと見てみることをオススメします!

Kindle Unlimited会員なら無料で読めるエクセル関連書籍を紹介しておきます。

.