関数、マクロに頼らずExcelの作業効率アップ!

Excel

Excelを使っていると「同じような作業の繰り返しだけど、効率化できないかなぁ…」と思う場面に出くわします。
Excelで効率化と言うと、関数、マクロを思い浮かべる方が多いかもしれません。そして、「それってなんだかハードルが高そう」と感じる方もいらっしゃるでしょう。
でも、関数やマクロに頼らなくても、ショートカットキーを使うようになるだけでも、使わない場合よりも劇的に作業スピードが上がります。

※ショートカットキーというのは、キー操作の組み合わせで特定の機能を呼び出すものです。
マウスを右クリックして、右クリックメニューから選んで〇〇を実行…みたいなことを、キーボード操作だけで実行します。

ここでは独断と偏見で、知っておくと便利だと思うショートカットキーを紹介します。
下記以外のものも含め、こちらに表にまとめたものがありますので、印刷して手元に置いておくなどご活用ください。

Shift + スペース 行全体を選択
Ctrl + スペース 列全体を選択
Ctrl + A 全て選択

Ctrl + – セルの削除
Ctrl + “+” セルの追加

Ctrl + 0 列の非表示
Ctrl + 9 行の非表示

Ctrl + C コピー
Ctrl + X 切り取り
Ctrl + V 貼り付け
Alt → E → S 形式を指定して貼り付けダイアログ

Ctrl + B 太字
Ctrl + U 下線
Ctrl + I 斜体
Ctrl + 5 取り消し線

Ctrl + 1 セルの書式ダイアログ

Ctrl + F 検索ダイアログ
Ctrl + H 置換ダイアログ

Ctrl + ; 今日の日付を入力
Ctrl + : 現在の時刻を入力

Ctrl + Z 取り消し
Ctrl + Y やり直し

Ctrl + S 保存
Ctrl + P 印刷

Alt → D → F → F フィルタ追加/削除
Alt → D → F → S フィルタ条件のクリア

Ctrl + PgUp 前のシートへ移動
Ctrl + PgDown 次のシートへ移動
Shift + F11 シートの追加
Alt → O → H → R シート名の変更

以上が代表的なものです。
意識的にショートカットキーを使うようにしていると、自然と指が覚えてくれると思います。

ここで紹介したもの以外にも沢山のショートカットキーがあります。また、ショートカットキー自体はExcelに限らずそれぞれのアプリケーションやOSで持っていますので、気になるものがあれば調べてみてください。