Macにcocos2d-xをインストールする

2013年9月3日Android, iOS

Android携帯を使い始めてからiOSとAndroidの両方でアプリを作ってみたいと考えているので、Mac(OS X Mountain Lion)にcocos2d-x(3.0 alpha0-pre)をインストールしました。

インストール方法をメモしておきます。

1.cocos2d-xインストール

1-1) cocos2d-xの公式サイトからcocos2d-x-3.0alpha0-pre.zipをダウンロードする。

1-2) zipファイルを任意のフォルダ(インストールしたいフォルダ)に解凍する。
例:/Users/hoge/Documents/cocos2d-x/cocos2d-x-3.0alpha0-pre

2.環境変数の設定

2-1) テキスト編集アプリでホームディレクトリに.bash_profileという名前のテキストファイルを作成し、下記の内容を記載する。すでに.bash_profileがある場合はそれを編集して下記の内容を追記する。

export COCOS2DX_ROOT=/Users/hoge/Documents/cocos2d-x/cocos2d-x-3.0alpha0-pre
※下線の箇所は手順1-2で解凍したパスです。

2-2) ターミナルでsource ~/.bash_profileと実行すれば環境変数が反映される。

2-3) ターミナルでenvと実行すると、環境変数の一覧が表示される。手順2-1の内容が環境変数に登録されていることを確認する。登録されていない場合は手順2-1からやり直す。

3.プロジェクトテンプレート作成スクリプトの修正

3-1) テキスト編集アプリで$COCOS2DX_ROOT/create-multi-platform-projects.pyを開く。

3-2) 1行目のevnenvに修正する。

3-3) 改行コードをLF(¥n)に修正する。

3-4) ファイルを保存する。

以上でインストールは完了です。

 

各プラットフォームごとのプロジェクトを作成するには、下記のコマンドを実行します。

$COCOS2DX_ROOT/create-multi-platform-projects.py -p アプリ名(ProductName) -k 識別子(Company Identifer) -l 開発言語(“cpp”, “lua”, “javascript”のいずれかを指定する)

コマンドを実行すると、$COCOS2DX_ROOT/projects以下にiOS、Android等の各プラットフォーム向けのプロジェクトが作成されます。

 

「Cocos2d‐x開発のレシピ」と清水さんのスライドを参考にしました。